Filter (less comfortable)

Filter

次の手順に従って、BMPにフィルタを適用するプログラムを実装します。

$ ./filter -r image.bmp reflected.bmp

背景

ビットマップ

おそらく、画像を表現する最も簡単な方法は、それぞれが異なる色を持てるピクセルのグリッド (ドット) を使用することです。白黒画像の場合、以下のように、0が黒を表し、1が白を表すことができるので、ピクセルあたり1ビットが必要です。

a simple bitmap

この意味では、イメージは単なるビットマップ (ビットのマップ) です。よりカラフルな画像を作成するには、ピクセルあたりのビット数を増やすだけです。「24ビットカラー」 をサポートするファイルフォーマット (BMPJPEGPNGなど) は、ピクセルあたり24ビットを使用します。(BMPは、実際には1、4、8、16、24、および32ビットカラーをサポートします。)

24ビットBMPは、8ビットを使用してピクセルの色の赤の量を表し、8ビットを使用してピクセルの色の緑の量を表し、8ビットを使用してピクセルの色の青の量を表します。RGBカラーという言葉を耳にしたことがあれば、すでにこれらの赤、緑、青がどのように表されるか知っているでしょう。

BMP内のあるピクセルのR、G、およびB値が、例えば16進数で0xff0x00および0x00である場合、そのピクセルは純粋な赤となります。なぜなら、0xff (10進数で255) は 「赤が多い」 ことを意味し、0x00 および0x00 はそれぞれ 「緑がない」 および 「青がない」 ことを意味するからです。

A Bit(map) More Technicalビットマップについてもう少し

ファイルは単にビットの並びであり、何らかの方法で配置されていることを思い出してください。24ビットBMPファイルは、基本的にビットのシーケンスであり、 (ほぼ) 24ビットごとに何らかのピクセルのカラーを表します。ただし、BMPファイルには、イメージの高さや幅などの 「メタデータ」 情報も含まれます。このメタデータは、一般に 「ヘッダ」 と呼ばれる2つのデータ構造の形式でファイルの先頭に格納されます。Cのヘッダファイルと混同しないようにしてください (ちなみに、これらのヘッダは歴史とともに進化してきました。この問題では、Windows 95でデビューしたMicrosoftのBMPフォーマットの最新バージョン4.0を使用します) 。

最初のヘッダーはBITMAPFILEHEADERと呼ばれ、長さは14バイトです (1バイトが8ビットであることを思い出してください) 。 BITMAPINFOHEADERという2番目のヘッダーは、40バイトの長さです。これらのヘッダーの直後に実際のビットマップがあります。バイトの配列であり、3つ組でピクセルのカラーを表します。ただし、BMPはこれらの3つ組を逆順 (すなわちBGRとして) で格納します。つまり、青8ビット、緑8ビット、赤8ビットの順で格納します (BMPの中には、ビットマップ全体を逆方向に格納し、イメージの一番上の行をBMPファイルの最後に配置するものもあります。しかし、ここで説明するように、各ビットマップの一番上の行を先頭に、一番下の行を最後に、この問題セットのBMPを保存しました)。つまり、上記の1ビットのスマイルを黒の代わりに赤の24ビットのスマイルに変換する場合、24ビットのBMPはこのビットマップを次のように保存します。0000ffは赤、ffffff は白を表します。0000ffのすべてのインスタンスが赤でハイライト表示されています。

red smile

左から右へ、上から下へ、8列に分けて表示しています。一歩下がると赤いスマイルが見えるはずです。

16進数字が4ビットを表すことを思い出してください。したがって、16進数のffffff は実際にはバイナリの111111111111111111111111 を意味します。

ビットマップをピクセルの2次元配列として表すことができます。イメージは行の配列で、各行はピクセルの配列です。実際、この問題でビットマップ画像を表現するには、この方法を選択しました。

イメージフィルタリング

画像をフィルタリングするとはどういうことでしょうか?イメージをフィルタリングすることは、元のイメージのピクセルを取り込み、結果のイメージに特定の効果が現れるように各ピクセルを修正することと考えることができます。

Grayscaleグレースケール

一般的なフィルタの1つに 「グレースケール」 フィルタがあります。このフィルタでは、イメージを白黒に変換します。どういう仕組みでしょうか?

赤、緑、青の値がすべて0x00  (0は16進数) に設定されている場合、ピクセルは黒になります。すべての値が0xff  (255を表す16進数) に設定されている場合、ピクセルは白になります。赤、緑、青の値がすべて同じである限り、結果は黒と白のスペクトルに沿って変化するグレーのシェードになります。値が大きいほど明るいシェード (白に近い) 、値が小さいほど暗いシェード (黒に近い) になります。

ピクセルをグレースケールに変換するには、赤、緑、青の値がすべて同じであることを確認する必要があります。でもどうやってその値を知るのでしょう?元の赤、緑、青の値がすべてかなり高い場合、新しい値もかなり高いはずです。また、元の値がすべて低い場合は、新しい値も低くする必要があります。

実際、新しいイメージの各ピクセルが古いイメージと同じ明るさまたは暗さを持つようにするには、赤、緑、青の値の平均を取り、新しいピクセルを作成するグレーの濃淡を決定します。

これをイメージの各ピクセルに適用すると、結果はグレースケールに変換されたイメージになります。

Sepiaセピア

ほとんどの画像編集プログラムは 「セピア」 フィルタをサポートしています。これは画像全体を少し赤褐色に見せることで、画像に古風な感じを与えます。

イメージをセピアに変換するには、各ピクセルを取得し、3つの元の値に基づいて新しい赤、緑、青の値を計算します。

イメージをセピアに変換するためのアルゴリズムはいくつかありますが、この問題には次のアルゴリズムを使用してください。各ピクセルのセピア色の値は、下記の元の色の値に基づいて計算されます。

  sepiaRed = .393 * originalRed + .769 * originalGreen + .189 * originalBlue
  sepiaGreen = .349 * originalRed + .686 * originalGreen + .168 * originalBlue
  sepiaBlue = .272 * originalRed + .534 * originalGreen + .131 * originalBlue

もちろん、これらの式のそれぞれの結果は整数ではないかもしれませんが、それぞれの値は最も近い整数に丸められます。また、数式の結果が、8ビットカラー値の最大値である255よりも大きい数値になる場合もあります。この場合、赤、緑、青の値の上限は255です。その結果、赤、緑、青の値は0から255までの整数になります。

Reflection反転

フィルタによっては、ピクセルが移動することもあります。たとえば、イメージの反転とは、ミラーの前に元のイメージを配置することによって得られるイメージをフィルタとして使用することです。したがって、イメージの左側のピクセルはすべて右側になり、その逆も同じです。

元のイメージの元のピクセルはすべて反転イメージに残りますが、これらのピクセルはイメージ内の別の場所に再配置されている場合があります。

Blurぼかし

イメージをぼかしたり柔らかくしたりするエフェクトを作成するには、いくつかの方法があります。この問題には、 「ボックスブラー」 を使用します。これは、各ピクセルを取得し、各カラー値に対して、隣接するピクセルのカラー値を平均化することで新しい値を与えるものです。

各ピクセルに番号を付けた次のピクセルグリッドを考えてみます。

a grid of pixels

各ピクセルの新しい値は、元のピクセルの1行および1列内 (3 x 3ボックスを形成) にあるすべてのピクセルの値の平均です。例えば、ピクセル6の各色値は、ピクセル1、2、3、5、6、7、9、10、および11の元の色値を平均することによって得られます (ピクセル6自体も平均に含まれることに留意しましょう) 。同様に、ピクセル11の色の値は、ピクセル6、7、8、10、11、12、14、15、および16の色値を平均することによって得られます。

エッジまたはコーナーに沿ったピクセル (ピクセル15など) については、1行および1列内のすべてのピクセル (この場合は、ピクセル10、11、12、14、15、および16) を平均します。

始め方

ここでは、この問題の配布コード (スターターコード) をCS50 IDEにダウンロードする方法を説明します。CS 50 IDEにログインし、ターミナルウィンドウで次の各コマンドを実行します。

  • cd ~ (または引数なしの単純なcd) を実行して、ホームディレクトリにいることを確認します。
  • mkdir pset4を実行して、pset4というディレクトリを作成(つまり、作成)します。
  • cd pset4を実行して、そのディレクトリに移動 (ディレクトリを開く) します。
  • wget https://cdn.cs50.net/2020/fall/psets/4/filter/less/filter.zipを実行して、この問題のディストリビューションを含む (圧縮された) ZIPファイルをダウンロードします。
  • unzip filter.zipを実行して、そのファイルを解凍します。
  • rm filter.zipを実行してから、yesまたはyを実行してZIPファイルを削除します。
  • lsを実行します。ZIPファイルの中にfilterというディレクトリがあるはずです。
  • cd filterを実行して、そのディレクトリに移動します。
  • lsを実行します。この問題の配布ファイル (bmp.hfilter.chelpers.hhelpers.c、およびMakefile) が表示されます。また、サンプルのビットマップイメージを含むimagesというディレクトリも表示されます。

理解を深める

次に、配布コードとして提供されるファイルの一部を見て、ファイルの内容を理解します。

bmp.h

bmp.hを開いて (ファイルブラウザでダブルクリックして) 見てください。

前述のヘッダ (BITMAPINFOHEADERおよびBITMAPFILEHEADER) の定義が表示されます。さらに、このファイルは、Windowsプログラミングの世界で通常見られるデータ型であるBYTEDWORDLONGWORDを定義します。これらが、(願わくば) すでに使い慣れているプリミティブのエイリアスであることに注目してください。BITMAPFILEHEADER およびBITMAPINFOHEADER は、これらのタイプを使用するようです。

おそらく皆さんにとって最も重要なことは、このファイルでRGBTRIPLE という構造体 (struct) も定義していることです。この構造体は、非常に単純に、青、緑、赤の3つのバイト (RGBの組が実際にディスク上で見つかる順序を思い出してください) を 「カプセル化」 しています。

なぜこれらの構造体が有用なのでしょうか?ファイルはディスク上のバイト列 (究極的にはビット) にすぎないことを思い出してください。これらのバイトは通常、最初の数バイトが何かを表し、次の数バイトが何かを表すというように順序付けられます。「ファイルフォーマット」 が存在するのは、バイトが何を意味するかを世界が標準化したからです。これで、ファイルをディスクからRAMに1つの大きなバイト配列として読み込むことができます。array[i]のバイトが1つのものを表し、array[j]のバイトが別のものを表すなどです。しかし、より簡単にメモリから取り出すことができるように、これらのバイト名の一部を与えてはどうでしょうか。これがまさに、bmp.hの構造体でできることです。ファイルを1つの長いバイト列と考えるのではなく、構造体の列と考えることができます。

filter.c

filter.cを開きます。このファイルはすでに作成されていますが、ここで注意すべき重要な点がいくつかあります。

まず、11行目のfilters の定義に注目してください。この文字列は、プログラムに許されているコマンドライン引数bgrsをプログラムに伝えます。それぞれに、ブラー、グレースケール、反転、セピアなど、イメージに適用できる異なるフィルタを指定するものです。

次の数行はイメージファイルを開き、それが実際にBMPファイルであることを確認し、すべてのピクセル情報をimageという2次元配列に読み込みます。

行102から始まるswitchステートメントまでスクロールします。選択したフィルタに応じて、別の関数が呼び出されることに注意してください。ユーザがフィルタbを選択すると、プログラムはblur関数を呼び出します。gの場合、grayscaleが呼び出されます。rの場合、reflectが呼び出されます。sの場合、sepiaが呼び出されます。また、これらの関数はそれぞれ、イメージの高さ、イメージの幅、ピクセルの2D配列を引数として取ります。

これらの関数は (すぐに) 実装します。ご想像のとおり、これらの各関数の目的は、目的のフィルタがイメージに適用されるように、ピクセルの2 D配列を編集することです。

プログラムの残りの行で、結果のimage を取得し、新しいイメージファイルに書き出します。

helpers.h

次に、helpers.hを見てください。このファイルは非常に短く、前に見た関数の関数プロトタイプを提供するだけです。

ここでは、各関数が引数としてimageと呼ばれる2D配列を取ることに注意してください。imageは高さが多くのheightの配列で、各行はそれ自体が幅が多数のRGBTRIPLEの配列です。つまり、image が画像全体を表す場合、image[0]は最初の行を表し、image[0][0]は画像の左上隅のピクセルを表します。

helpers.c

helpers.cを開きます。ここでは、helpers.hで宣言された関数の実装が記されています。しかし、現時点では、実装されていないことに注意してください。この部分はあなたが完成させます。

Makefile

最後に、Makefileを見てみましょう。このファイルは、make filterのようなターミナルコマンドを実行したときの動作を指定しています。以前に書いたプログラムは1つのファイルに制限されていましたが、filterは複数のファイル、filter.cbmp.hhelpers.hhelpers.cを使っているようです。そのため、このファイルのコンパイル方法をmakeに指示する必要があります。

自分のターミナルでfilter をコンパイルしてみてください。

$ make filter

その後、次のコマンドを実行してプログラムを実行できます。

$ ./filter -g images/yard.bmp out.bmp

これは、images/yard.bmpでイメージを取得し、grayscale関数でピクセルを実行した後にout.bmpという新しいイメージを生成します。grayscaleはまだ何もしないので、出力イメージは元のyardと同じように見えるはずです。

仕様

ユーザがグレースケール、セピア、反転、またブラーフィルタをイメージに適用できるように、helpers.cの関数を実装します。

  • grayscale 関数は、イメージを取り込み、同じイメージの白黒バージョンに変換します。
  • sepia 関数は画像を取得し、同じ画像のセピアバージョンに変換します。
  • reflect 関数は、イメージを取得して水平方向に反転する必要があります。
  • 最後に、blur 関数はイメージを取得し、同じイメージのボックスブラーバージョンに変換します。

関数シグネチャは変更しないでください。また、helpers.c以外のファイルも変更しないでください。

ウォークスルー

このプレイリストには5つの動画があります。

※この動画は字幕データが含まれていないため、英語字幕および日本語の自動翻訳がご利用いただけません。

使い方

プログラムは、次の例に従って動作する必要があります。

$ ./filter -g infile.bmp outfile.bmp
$ ./filter -s infile.bmp outfile.bmp
$ ./filter -r infile.bmp outfile.bmp
$ ./filter -b infile.bmp outfile.bmp

ヒント

  • ピクセルのrgbtRedrgbtGreen、およびrgbtBlueコンポーネントの値はすべて整数であるため、浮動小数点数をピクセル値に割り当てるときは、必ず最も近い整数に丸めてください。

テスト

用意されているサンプルビットマップファイルですべてのフィルタをテストしてください。

check50を使用して以下を実行し、コードの正確さを評価してください。ただし、コンパイルとテストは必ず自分で行ってください。

check50 cs50/problems/2021/x/filter/less

以下を実行し、style50を使用してコードのスタイルを評価します。

style50 helpers.c

提出方法

次のコマンドを実行し、GitHubのユーザ名とパスワードを入力してログインします。セキュリティのため、パスワードには実際の文字ではなくアスタリスク (*) が表示されます。

submit50 cs50/problems/2021/x/filter/less